日本のカードゲーム

概要

歴史を通じて、世界中の人が友人や家族と充実した時間を過ごすために、様々なボードゲームを楽しんできました。またカードゲームも現代まで人気が続いているゲームです。カードゲームの歴史は9世紀の中国、唐朝までさかのぼります。今回は日本のカードゲーム、「花札」を取り上げます。西洋のトランプと比較すると、サイズは5.3 x 3.2センチと非常に小さく、また厚さもあります。そのため、曲げようとすると折れるおそれがあります。札の裏面は無地で、表は花や動物、日本文化の代表的な風景など様々なモチーフの美しいデザインとなっています。花札は1組48枚で、一年の各月に4枚の札があてがわれています。

歴史

カードゲームは1550年代、ポルトガル人により日本に伝えられました。まもなく16世紀末の天正時代になるとポルトガル風のカード、かるたが日本で作られました。政治情勢の変化とともに、17世紀初頭には外国のカードは禁止されました。その決定をよく思わなかった人々が法の目をかいくぐろうと、記号を隠すようなデザインを使ったものが花札です。花札の人気の高まりに対し、日本政府は禁止措置を取りましたが、完全な絶滅には至りませんでした。

こいこいの遊び方

花札の有名な遊び方にはこいこい、八八、むし花、花合わせなどがあります。ここではこいこいの遊び方と基本ルールを紹介します. 場に札を8枚配ります。自分の番が来たら札を1枚出し、場の同じ札種の札と合わせます。合う札がない場合でも1枚出します。山札を1枚めくり、合う札があればその2枚を獲得します。なければ、場札として残ります。その後、獲得した札で役ができているか確認します。役にはそれぞれ成立の条件のもと点数が設定されており、たとえばカス札10枚の「カス」、短冊札5枚の「タン」、主に動物柄の10点札を5枚集めた「タネ」などがあります。ゲームは続き、合計点が最も多い人が勝ちとなります。